1. HOME
  2. LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド

スクール通信
スクール通学

  1. 社会保険労務士講座は1985年開講以来の豊富な指導実績
  2. 苦手な人の多い「年金」をしっかり学べる
  3. 「横断学習」で応用力がつく

LEC スクール基本情報

LEC(東京リーガルマインド)は、1979年設立の歴史ある大手資格スクールで、特に法律系資格では豊富な実績があります。

新司法試験、法科大学院をはじめ、法律系、公務員、簿記・会計系、労務・キャリア系、ビジネス実務系等多くの資格講座、実務講座を開講しています。通関士や土地家屋調査士など、受験者の比較的少ない資格も幅広く取り扱っています。

LEC 社会保険労務士講座の特徴・評価

// おすすめポイント //

1985年以来の豊富な指導実績

LECの社会保険労務士講座は、TACより1年早い1985年に開講しています。大手の中でも最も古くから社労士試験に取り組んでいる受験指導校のひとつです。もともと司法試験をはじめとした法律系資格に強いスクールなので、社会保険労務士講座にもその指導力が生きています。

「年金」の基礎理解を重視

LEC社労士講座の「基礎+合格コース」では、全体のカリキュラムのうち、最初の「基礎編」で「年金入門」講義が設けられています。

社労士試験の中でも配点が大きく重要性の高い年金2科目(国民年金・厚生年金)は、それぞれが複雑で難解なうえに、相互に深く関連しているため、苦手とする受験生が多いです。

学習の初めの段階で、年金法の体系や構造の基本的な部分を理解できるので、その後のインプット学習がスムーズに進められます。合否のポイントとなる年金科目でライバルに差を付けたい方にはおススメです。

横断学習で応用力がつく

LEC社労士講座の「基礎+合格コース」には、各科目のインプット講座とは別に、「年金横断講座」「横断攻略講座」が設けられているのが特長です。法律の仕組みが似ている年金2科目や、科目間の共通事項、類似事項を横断的に比較しながら理解できます。

科目間の横断比較まとめ教材も提供してくれるので、時間のない本試験直前期にもとても役立つでしょう。

// マイナスポイント //

講座内容や教材が毎年のように変更される

LECの社労士講座は、頻繁にカリキュラムや教材が変わります。より良い講座にするために常に見直しているのはいいことですが、受講生から見るとやや分かりにくいです。

自習室は少なめ

LECの本校は、全体的にTACや大原よりも小さく、自習室も少なめです。自習室を積極的に使いたい方は、通う予定のLEC本校の環境を事前にチェックされることをおススメします。
※自習室の利用ルールはLEC各本校によっても異なる場合があるため、各本校にてご確認ください。

LEC 社会保険労務士講座まとめ

おススメコース例 合格講座(基礎+合格コース)(全80回)
受講費用(定価) 205,000円(税込)〜
受講スタイル (通学)通学(Web+音声DLフォローまたはDVDフォロー付)
(通信)Web+音声DL通信、DVD通信
通学講座開講場所 全国20校舎以上(ビデオ講義含む)
フォロー制度 通学コースにはWeb+音声ダウンロードまたはDVDがセット
質問対応 インターネットのみ
スクーリング なし(公開模試のみ会場受験を選択可)
割引制度 早期割引、大学生協価格、退職者・離職者割引、Web奨学生、他資格受講生・他資格合格者割引、社労士受験者割引 など

※ 平成28年5月現在の情報です。講座内容は変更される場合があるので、最新情報は講座パンフレット・HP等でご確認ください

LEC 社会保険労務士講座の口コミ・評判

LECで合格した方の合格体験記より、代表的なコメントです。

『講義だけでなく、Web動画と音声ダウンロードがあったので、スキマ時間に繰り返し聞くことができた。』

『LECの教材でよかったのは、年金法が横断的に学習できたことです。』

『楽習スルーノート(復習用教材)と毎週の答練による積み重ね学習が良かった。』

※合格実績はLEC社会保険労務士講座のパンフレット等でご確認ください。

こんな方におススメ!

  1. 法律系資格に強いスクールで学びたい
  2. 年金を得意科目にして差をつけたい
  3. 自宅でもDVDやWebで復習したい